税理士の資格を取得するために必要になること

税理士の資格を取得するためには、国家試験に合格をする必要があることから、それぞれの得意分野を中心にきちんと勉強をすることが求められます。
最近では、税理士の試験対策を立てるうえで、専門学校に通学をする人が目立っており、多くの社会人や学生を中心に大きな話題となることがあります。
また、税理士の資格の取得方法について知りたいことがあれば、しかるべき期間に相談をすることによって、いざという時にも安心して行動をすることができます。
このような専門的な資格のメリットについては、今や様々な情報誌などで取り上げられることがあるため、常日頃から信頼のおける媒体を使いこなすことが良いでしょう。
もしも、税理士の仕事の内容や勤務先の選び方について迷っていることがある時には、同年代の友達や知人に相談をすることによって、便利な情報を仕入れることが大事です。
その他、試験対策の重要性を早いうちに理解することが課題として挙げられます。

税理士の資格試験の院免除制度と改正後の注意点

税理士試験には、院免除制度と呼ばれる大学院修了者を対象とした試験科目の免除制度が存在しますが、その内容は2002(平成14)年)4月の改正税理士法の施行を境に変更されているので注意が必要です。
院免除制度がつくられた頃は、大学院修了者のうち、商学の学位を取得した人は会計系の試験科目が、法学および財政学の学位を取得した人は税法系の試験科目が免除の対象となるという単純なシステムでした。
このため、商学系の大学院と法学系の大学院の両方で学位を取得した人は、試験自体を受けなくても税理士試験を通過でき、実際にこの仕組みを利用して資格を取得した人は少なくありませんでした。
しかし、新しくなった税理士法のもとで行われている国家試験では、博士前期課程修了者については、大学院で会計もしくは税法に関する科目の単位を規定数取得し、修士論文を執筆して修了した上で、国家試験で関係する科目に1つ以上合格していることが、博士後期課程修了者は会計もしくは税法に関する博士論文を執筆して学位を取得することが免除の要件となっています。
博士取得者に関する要件については論文執筆が必須であること以外は法改正前とほとんど変わりませんが、修士取得者については論文の執筆と国家試験の受験が必須となっているため、法改正前より免除を受けるためのハードルは格段に上がっています。