税理士の補佐人制度とはどのような制度でしょう

税理士の仕事は多岐にわたりますが、税に関する専門家として、裁判に出廷することがあります。
税務調査をした結果、納税者の納得を得ることができず、税務署が更正や決定の処分をすることがあります。
そして、納税者が処分に対して不服だと申し立てた場合、税金裁判となります。
税金裁判になると、顧問の税理士に対して、納税者の意見を専門家としての立場から言って欲しいと希望する人もいます。
税理士が裁判で自分の意見を主張することができる制度が、補佐人制度なのです。
最近は、納税者から依頼されて、税理士が補佐人として法廷に出て意見を言うケースが多いです。
また、本人訴訟では、補佐人制度はないです。
依頼者の権利救済のために、弁護士の下で活動するのが補佐人です。
補佐人制度は、税務訴訟において、納税者の正当な権利と利益の救済をサポートするためのものです。
税のことで疑問がある場合は、税務の無料相談を受け付けている事務所もあります。

税理士の資格に将来性は果たしてあるのかないのか

税理士の資格には将来性があります。
その理由は、時代を問わずに、税に関する知識はもとめられているからです。
企業であれば適切な税務会計を行う必要があるため、税理士に経理を依頼することは一般的です。
また、個人の場合でも、給料以外に収入があるという方は、どのように確定申告をするのかや、得た収入がどの所得分類に当たりどのような計算をするべきなのかといった疑問を持つ方が疑問を持つため、相談の依頼があることがあります。
そして、税に関する知識には、国税庁の発する通達の存在についても精通していなくてはなりませんが、これは素人が理解するのは難しく、専門的な知識を有する税理士でなければ理解することが困難です。
以上のことから、その仕事には将来性があるといえます。
今後は、高齢社会の影響による相続の増加で、相続税に関する相談も増えることも予測されます。
したがって、従来の仕事にプラスして、より多くの需要が生まれる可能性があり、将来性がある仕事と言えます。